学系紹介Course

学系主任メッセージ

「夢」を実現するための第一歩を!

みなさんは、どんな「夢」をお持ちですか?

私には「夢」が二つあります。一つは、機械工学分野の技術者・研究者として、自分自身で考えたアイデアやコンセプトのロボットやメカトロ機器のシステムや技術の実現を通じて社会に貢献することです。つまり、今までにない新しいロボットを創り出し、世の中の人を助けてあげたり・楽にしてあげたり・楽しませてあげることです。もう一つの「夢」は、機械工学分野の教育者として、私と同じような「夢」を目指してくれる技術者・研究者・教育者を育てることです。

機械工学は、「モノ」があれば、何らかの形で必ず貢献している学問分野です。また、「モノ」の周りには必ず機械工学に関連する問題や課題が存在しています。したがって、「モノつくり」に関する「夢」を実現するためには、機械工学が欠かせません。

機械工学系の教育の特色

機械工学系では、「モノつくり」に関する「夢」を実現するために、「将来のモノつくり」をテーマに、教員・職員・設備・システムを充実させ、全力で取り組んでいます。

・機械工学系技術者としての基本知識を習得

機械工学・機械技術者の基本である「熱力学」「流体力学」「材料力学」「機械力学」を習得します。さらに、その中で興味を持った分野について、より高い専門知識を習得することができます。

・「モノつくり」のために必要な表現方法・技術を習得

「モノつくり」においては、自分自身で考えたアイデアを正確に表現し伝えることが大切です。「機械設計製図およびDTPD(Digital Technical Product Documentation)」の授業を通し、「将来のモノつくり」に対応できる機械設計製図の基本技術を習得することができます。

・習得した知識や技術を最大限に活用して新しい価値を提案・実践

得られた知識や技術は、実際に活用することでしっかりと身に付けることができます。課題を設定しそれを解決するプロジェクト型の学習プログラム(PBL, Project Based Learning)である「機械設計製作プロジェクト」の授業を通し、実際の会社で行われている研究開発・製品開発・製造技術開発などと同様の一連の流れを経験し、自分自身で考えたアイデアを実現することに挑戦できます。

・機械工学をベースとした幅広い分野から、自分に合った研究テーマを選択

4年間の集大成として、卒業研究を実施します。現在、機械工学系には様々な研究に取組んでいる8名の教員が在籍しています。機械工学の特定の分野からではなく、幅広い研究分野から、自分に合った研究テーマを成績に応じて選択することができます。

さあ、みなさん!「モノつくり」に関する「夢」を実現するために、第一歩を一緒に踏み出しましょう!

神野 誠教授
機械工学系主任神野 誠ジンノ マコト 教授

1985年3月慶應義塾大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 修士課程 修了、1985年4月㈱東芝 研究開発センター、2008年4月テルモ㈱ 研究開発本部、2016年4月より国士舘大学 理工学部 理工学科 機械工学系 教授
企業の研究開発部門に約30年間在籍し、力制御グラインダ作業ロボットや腹腔鏡下手術支援用ロボット鉗子など、新たなコンセプト立案から製品化までを経験しました。それらの過程で得られた知識や知見、ものづくりへの情熱や思いを、エンジニアを目指すみなさんに伝えるとともに、「最後にモノになってこそ工学、研究開発で終わらせない!」をモットーに、実用化を目指したロボット・メカトロニクスの研究を行っています。